仕事辞めます(確定)

上司及びカウンセラーの方との面談が終わりました。

 

最初にカウンセラーとの面談。「辞めます」と淡々と気丈に身の上を話していたら、あっという間に涙がボロボロこぼれて鼻水ダラダラ垂れ流して、止まらなくなって「すいません、本当にすいませんでした」しか出てこなくなっちゃった。この記事書いてる間も泣けて泣けて仕方ない。涙と鼻水が止まらない。申し訳ないしか思わない。

 

「君のいいところはね、一人じゃないところ。大抵発達障害の人って、一人になっちゃって、職場でも孤立しがちなんだけど、君はそうじゃない。同期やら何やら周りにいて、離れないでいてくれる。皆の中心にいて、いつも気丈に笑ってるでしょ。私はそこがすごいと思うの」

 

こんなカウンセラーの方の言うことを聞きながら、ずっと涙が止まらなかった。

 

頑張りたいけどどうしたらいいか分からない。頭が追いつかない。体が追いつかない。どうコミュニケーションを取れば相手に分かってもらえるのだろう。どうすればもっと作業が早くなるのだろう。分からない。

そんなことをずっと考えて、悩んで、のたうちまわって、苦しんで。どうして周りの人が普通にできることが俺にはできないんだろうって考えちゃった日には、夜も眠れなかった。勉強しても成果は上がらず、褒めてももらえず、腐っていく日々。

 

一方、上司との面談は淡々と進んだ。一回泣いたおかげでかなりスッキリしたせいだろう。向こうも取りつく島がなくなっちゃて、身の上話なんかして、久しぶりにピリピリせずに話はができたと思う。

 

帰宅後には会社の部活の面々にもLINEした。

本当に何も貢献することができなかった、申し訳ない。もしできることがあるなら、できる範囲で協力する、と連絡した。直後に部の一番仲がよかった同期から飲み会の誘い。本当に彼には世話になった。忘年会を一緒に企画した時も、彼に多くの仕事を任せてしまった。(私が一番忙しく、深夜残業休日出勤ぶちかましていた時だが)文句も言わず、取り仕切ってくれた。彼には今後も幸多いことを願いたい。願わくばSEやってたせいで体壊したなんてことはないことを願う。

 

本当に、本当にありがとう。こんな私だけれど、多くの時間を共有してくださった皆様、本当に感謝しています。